沿革

1993年
(平成5年)
11月 服装社会学研究会メンバ-130名および産業界(アパレル産業協会、東京婦人子供服工業組合、東京紳士服工業組合等)の有志が中心となり、学会設立発起人総会を開催。
1994年
(平成6年)
3月 学会発足記念シンポジウム開催。大沼淳会長(文化女子大学学長)挨拶。
(正会員270名、学生会員10名、法人会員53社)
1995年
(平成7年)
10月 関西支部設立。
野中 一男氏(マロニエファッションデザイン専門学校長)が支部長に就任。
12月 学会論文誌VOL.1を発行。
1996年
(平成8年)
9月 西日本支部設立。
坂根 嘉子氏(香蘭ファッションデザイン専門学校長)が支部長に就任。
10月 韓国ファッションビジネス学会設立。
曹圭 和氏(韓国梨花女子大学生活環境大学長)が会長就任。
1999年
(平成11年)
3月 第1回日韓ファッションビジネス学会学術交流会議 開催。
(韓国ソウル:梨花女子大学)
2001年
(平成13年)
7月 第2回日韓ファッションビジネス学会学術交流会議 開催。
(日本:文化女子大学)
2002年
(平成14年)
3月 東日本支部設立。
中村 賢二郎氏(杉野服飾大学学長)が支部長に就任。
9月 日本学術会議学術研究団体の登録申請が認可される。
2003年
(平成15年)
5月 第3回日韓ファッションビジネス学会学術交流会議 開催。
(韓国ソウル:梨花女子大学)
11月 ファッションビジネス学会10周年記念全国大会 開催。
2005年
(平成16年)
8月 関西支部創立10周年記念全国大会 開催。
◇テ-マ:明日へのファッションビジネスの変化を読む
2006年
(平成17年)
8月 西日本支部創立10周年記念全国大会 開催。
◇テ-マ:グロ-バルに発信!ファッションビジネス交流新時代
2007年
(平成19年)
10月 第4回日韓ファッションビジネス学会学術交流会議 開催。
(韓国ソウル:梨花女子大学)
12月 全国大会 開催。(会場:文化学園)
◇テ-マ:ファッションビジネス学会の新たな役割と課題
2008年
(平成20年)
9月 全国大会 開催。(会場:杉野学園)
◇テ-マ:日本のファッション力を問う
2009年
(平成21年)
11月 全国大会 開催。(会場:文化学園)
◇テ-マ:CHANGE!ファッション業界の将来とファッションビジネス学会の新たな役割
2010年
(平成22年)
9月 関西支部創立15周年記念全国大会 開催。(会場:マロニエ文化学園)
◇テ-マ:グロ-バルファッションを担う~メ-ドインジャパンの真価を問う
2011年
(平成23年)
10月 全国大会 開催。(会場:香蘭女子短期大学)
◇テ-マ:アジアへ発信・アジアから受信
2012年
(平成24年)
11月 全国大会 開催。(会場:杉野服飾大学)
◇テ-マ:21世紀のファッショントレンドを考える

ページトップへ