平成25年度 事業報告

▶ 過去の事業報告はこちら

1,ファッションビジネス学会平成25年度定期総会と特別講演会 (平成24年5月18日)

定款32 条に基づいて総会成立の宣言が行われ、大沼会長を議長として、理事会で承認された各議案が事務局より報告され、それぞれ承認された。

第1号議案 平成24年度事業報告及び決算承認の件
第2号議案 平成25年度事業計画及び予算承認の件
第3号議案 役員改選の件
第4号議案 その他

総会終了後、会員および関係者約150名の参加のもとに下記特別講演会が行われた。
また、スペースプラザC201にて交流パーティーを開催し、盛会の内に終了した。

特別講演 『これからの企業やブランドに、求められるもの!』
講師:川島 蓉子 氏
 伊藤忠ファッションシステム株式会社
 ifs未来研究所 所長

2,創立20周年記念全国大会の開催

平成25年度全国大会は、本学会創立20周年の節目の年であり、文化学園大学を会場に平成25年11月30日(土)に「創立20周年記念全国大会」として開催された。【デザインする!ファッションビジネス】を大会テーマとして、基調講演研究発表・ポスタープレゼンテーション・交流パーティーと20周年記念に相応しい全国大会となった。

主な内容
①基調講演
 

テーマ:『夢を探そう』
講師 :宮田 亮平 先生(東京藝術大学 学長)

「名物学長・鍛金作家として著名な宮田亮平先生のユニークな講演であった。硬い殻を打ち破り、外に出て学生とのコミュニケーションを大切にする行動派の学長、子供の目線を大切にし、人が喜ぶパフォーマンスを自ら創造するスタイル。数々の作品を映像をとおして解説いただき印象に残る講演会であった。」

②研究発表 … 24報
③ポスタープレゼンテーション … 15報

3,論文誌発行

Vol.18を平成25年8月初旬に発行した。

4,第20回 繊維ファッション産学交流会議に協賛参加

平成26年2月7日(金)ホテルグランドヒル市ヶ谷で開催され、本学会も協賛参加をした。今回のテーマは「コトづくり時代の人材育成」で、記念講演は慶應義塾大学専任講師の水野大二郎氏が「ファッションデザインの更新可能性とは」と題して遠隔講演形式で行われた。
交流会ではファッションビジネス学会員も多数参加しコミュニケーションを深めた。

5,ReFashion0704(オオナシ) 2013の開催

本学会のリ・ファッション研究部会等が中心となり、リ・ファッション2013実行委員会を設置した。平成25年7月6日(土)文化学園を会場にして開催された。
5回目となる今年のテーマは「服光」とし衣服の持つ力(憧れ・輝き・エネルギー)をサステナブルなライフスタイルと服つくりに活かすことを目指し、大きな成果を挙げることができた。
【後援:経済産業省・文部科学省・環境省】

①基調講演
  「持続可能な社会創りと生活者への提言」
 講師:前田 良治 先生(㈱チクマ環境教育推進室業務推進役)
②事例発表
 

1,「ファッション×エコの創造」
 発表者:中村 亮太 氏(㈱モンドデザイン 代表取締役)

2,「MIRAIEXPOについて」
 発表者:吉田 桃華 氏(同志社大学)、前野 友里 氏(同志社大学)

3,「個性的なリメイクの事例研究」
 発表者:斎藤 正 氏(㈱アン・コトン 代表取締役)

4,「リクチュール塾報告・リクチュール塾演習報告」
 発表者:木田 豊 氏(実行委員長)、渡邊 慶子 氏

③ポスタープレゼンテーション 9報
  ※総合司会 福永 成明 氏(実行委員会事務局長)

6,第28回 服装社会学研究部会発表会

本学会服装社会学研究部会の第2 8 回発表会が平成2 5 年11 月16 日(土)に文化学園大学を会場として開催された。

○開会挨拶:服装社会学研究部会長 濱田 勝宏 氏(文化学園大学副学長)
○司会:北方 晴子 氏(文化学園大学 准教授)

今回の課題報告(シンポジウム)のテーマは「グロ−バル化社会の中でのファッション−ビジネス・研究・教育−」であった。

○シンポジウム・コーディネーター:江戸 克栄 氏(文化学園大学 准教授)
○パネリスト:梅沢 高明 氏(A.T.カーニー日本代表)、生駒 芳子 氏(ファッションジャーナリスト)

一般研究報告は以下の4 報であった。

①和田豊治についての覚書 −第二の渋沢栄一が誕生するまで−
 佐久間 健 氏(早稲田大学大学院)

②ユニフォモロジーⅡ / デザインに対する和
 新井 俊二 氏㈱ゼンプランニングコーポレーション)

③ファッションと幸福
 柴田 優里 氏

④QOL(生活の質)の向上に寄与するウェアの開発
 佃 由紀子 氏(㈱Peace21)

終了後、情報交換会も和やかな雰囲気のなかで会員相互の交流がなされた。

7,学会ホームページのリニューアル

平成24 年度に引き続きファッションビジネス学会のホームページを抜本的に改編した。学会の沿革の公開や各支部事務局からのアクセスが迅速にできるようになった。本部・支部の活動計画及び結果を広く情報公開していく。

8,各支部の事業報告(支部主催を抜粋)

東日本支部

支部長 :中村 賢二郎(杉野服飾大学学長)
運営委員長 :鈴木 美和子
事務局 :冨永 幸代
会員数 :個人会員93名、学生会員1名、法人賛助会員2社

主な事業
(1)第12回東日本支部定期総会並びに講演会及び交流会(平成25年5月25日)
①定期総会
  1号議案 平成24年度事業報告並びに決算承認の件
2号議案 平成25年度事業計画並びに予算承認の件
3号議案 その他
②講演会
  講師:水野 誠一 氏
 ㈱インスティチュート・オブ・マーケティング・アーキテクチュア 代表取締役
テーマ:
「新しいマーケティング・パラダイムの創造とは何か
 ―ファッションビジネスの進路を探る―」
③交流会
(2)平成25年度ファッションビジネス学会創立20周年記念全国大会参加

平成25年11月30日(土) 於:文化学園大学
研究発表…6報、ポスタープレゼンテーション…4報

(3)平成25年合同研究発表会

平成26年2月15日(土) 於:杉野学園第二校舎
予定であったが、悪天候の為中止

(4)講演論文集 No7 発行 平成25年6月

(5)東日本支部運営委員会


関西支部

支部長 :森 慈郎(大阪文化服装学院 理事長)
運営委員長 :利見 恵津子
会員数 :人会員80名、学生会員2名、法人賛助会員6社

主な事業
(1)関西支部役員会 平成25年6月25日(月) 於:上田安子服飾専門学校

①平成25年度定期総会報告
②平成25 年度ファッションビジネス学会全国大会
・研究発表&ポスタープレゼンテーション
・参加者数、出席予定数の発表
③その他
・役職の変更とアドレスの変更のお知らせ

(2)平成25 年度ファッションビジネス学会創立20周年記念全国大会参加

平成25年11月30日(土) 於:文化学園大学
関西支部参加者 22名
研究発表 6報
ポスタープレゼンテーション 5報

(3)関西支部役員会 平成26年3月1日(土) 於:大阪文化服装学院

①平成25年度決算について
②平成25年度研究部会の活動報告
③平成26年度予算について
④平成26年度研究部会の活動計画について
⑤平成26年度全国大会−関西支部−について
⑥平成26年度合同研究会について

(4)関西支部合同研究発表会 平成26年3月1日(土) 於:大阪文化服装学院
①基調講演

講師:深井 晃子 氏
公益法人京都服飾文化研究財団 理事兼チーフ・キュレター
テーマ:「Future Beauty 展から日本ファッションを再読する」

②研究活動報告 6報、ポスタープレゼンテーション 4報

③情報交換会・テイーパーティー


西日本支部

支部長 :坂根 嘉子(香蘭ファッションデザイン専門学校 名誉校長)
事務局長 :溝口 希弥子
会員数 :個人会員55名、学生会員1名、法人賛助会員1社

主な事業
(1)平成25年度西日本支部定例役員会・総会 平成24年6月25日(土)於:香蘭ファッションデザイン専門学校

①平成24年度事業・決算報告
②平成25年度事業計画・予算審議
③その他

(2)夏期講習会「造形的なフォルムのラグランジャケット」

平成25年8月6日(火)~8月7日(水)
於:香蘭ファッションデザイン専門学校
参加人数12名

(3)夏期講習会「レザーウォレット」

平成25年8月6日(火)~8月7日(水)
於:香蘭ファッションデザイン専門学校 参加人数10名

(4)夏期講習会「アートフラワー」

平成25年8月6日(火)~8月7日(水)
於:香蘭ファッションデザイン専門学校 参加人数3名

(5)平成25年度ファッションビジネス学会創立20周年記念全国大会参加

平成25年11月30日(土) 於:文化学園大学
西日本支部参加者 10名
研究発表 6報ポスタープレゼンテーション 3報

(6)レース講習会

平成25年10月12日・12月7日・平成26年1月11日(各土)
於:香蘭女子短期大学
参加人数12名

平成25年度収支決算報告書

平成25年4月1日〜平成26年3月31日


過去の事業報告

▶ 平成24年度事業報告

ページトップへ